警戒心が強く利口なチヌは、日中では釣り人の餌は簡単には食べてはくれません。しかしその一方でとても好奇心旺盛な魚です。

 特に水中での”濁り”や“動く物”には、強い興味を持つ習性があります。その好奇心を刺激して黒鯛を釣るのが、紀州釣りのコンセプトです。

 釣り方は”ダンゴ”というものを使う所に特徴があります。米ヌカや砂、蚕のサナギをすりつぶしたサナギ粉、水分、押しムギなどを、握りやすく、かつ水中で適度に溶けていく様に、”バランス”良く配合して、”ダンゴ”を作ります。

 このダンゴの中に、チヌに食わせる為の餌をつけた鈎を仕込んで握り込みます。
TOPページへ
DAI ATOU(C)
Page2
前のページへ      次のページへ
1 餌を手に取り
2 鈎につけて
3 ダンゴに乗せて
4 上からもかぶせて
5 握りこんで
6 完成!
Tipsトップへ