. トップ .
ツリーへ
<--   No18   -->
.テーマ1;ハリスは『食い』に影響するか18返信  
ですから、先ほどのハリスの太さによる影響の違いは、仕掛け全体中、どれだけの比重でチヌに違和感を与えているか、という事については未知数で、現実には非常に小さいものと考えられます。 ただ、ハリスだけで見ると、1.2、1.5、1.7号で、『1対1.2対1.4』という違いは『あるだろう』という理解でよいと思います。 ですから、次には最後に残った、『口や歯にひっかかる違和感』について考えてみます。 ここでまず、単純に想像出来る事は『太さ』によって、歯や口に擦れる刺激の強さは『太さ』に比例する、という事でしょう。 しかし、そのまま単純に『それぞれの直径の比で強さが決まる』と考えてはだめでしょう。 ハリスは『円柱形』だからです。 口とハリスは『面』ではなく、『点』で接するのです。 ハリスが『面』で接する、という事はハリスが平面に『潰れている』という事になりますので、おかしな事です。 『唇』など柔らかい部分に当たる時は、そこにめり込む事もあるでしょうが、それも『直径比』ですから、実質『9対10対11』=『1対1.1対1.2』程度です。 ですから、太さが物理的にダイレクトに影響するとすれば、『前歯』の隙間を通る時や引っかかるときのみ、と考えてよいでしょう。
阿藤 mail 2003/01/08水11:31 [18]

上へ






RAIBPLh115-wakatiai.com
Mission-K's Way 〜紀州釣りよもやま話〜
2003/01/11土23:44