. トップ .
ツリーへ
<--   No17   -->
.テーマ1;ハリスは『食い』に影響するか17返信  
次に、『口先で噛んでいる』〜『口の中で咀嚼』〜『飲み込む』時での違和感について 2.『ハリスが潮に押される力』が、チヌにとっては『微妙に引っ張られている』という『不自然さ』を与えてしまっている可能性があります。 この『力』の違和感の大きさも太さの2乗に比例しますので、ハリスの細い順から『5対6対7』=『1対1.2対1.4』という事になります。 これは、口先であろうと、口の中であろうと、常にその餌にかかる力となります。 しかし現実的には、その違和感の『絶対的な大きさ』は、ハリスよりもウキが潮に押されている力の方が、はるかに大きい筈です。 というのも、殆ど状況で、ハリスや道糸が押されるよりも、ウキが更にその先へ先行している、という事から、理解できます(総面積という意味では、ウキが潮に当たる部分よりも、ラインの潮が当たる部分の総合計の方が大きいですが、ウキの場合は一点に集中して面積があるので、結局こちらの方がはるかに潮の影響を大きくうける)。
阿藤 mail 2003/01/07火23:44 [17]

上へ






RAIBPLh115-wakatiai.com
Mission-K's Way 〜紀州釣りよもやま話〜
2003/01/08水11:31