. トップ .
ツリーへ
<--   No7   -->
.テーマ1;ハリスは『食い』に影響するか7返信  
つまり、『その2000〜2500投もの中の1回だけなら、なんらかの人為的工夫をした直後』に、『釣り人がその工夫のおかげで釣れた』と思っていても、『それとは全く関係なく、実はたまたま釣れて来ただけだった』という事も、確率的に言えばなんの不思議もないのです。 考えてもみてください。 『盛期で言えば、15回に1回はチヌを捕らえられる確率が非常に高い』、というわけで、実際にそれ位の釣果はあがるわけです。 ですから、『なーんにもしなくても、実は次には釣れてきたものを、工夫をしたから釣れた』と言っているだけかもしれないよ、という事なんです。 ということで、ここまでは、お分かりいただけたでしょうか。 ただし、今説明した方法は、『年間を通した全体的』な考え方ですから、また別の分析の考え方、実際にハリスを交換した直後の一投と、それ以前のワンランク太い時での比較をしてみます。 ここでは客観的、一般的にはどれくらいか、というのはわからないので、あくまで私の経験から考えてみたいと思います。
阿藤 mail 2002/12/22日15:47 [7]

上へ






RAIBPLh115-wakatiai.com
Mission-K's Way 〜紀州釣りよもやま話〜
2002/12/22日16:23